キナコブログ

シンプルだけど素材感や着心地を大事にした『大人の自分服』を探し続けるメンズファッションブログです。たまに時計やキャンプなども。

SEIKO 時計

SEIKO SARW011はプレサージュの中でもシンプルで質が高い!

更新日:

プレサージュ SARW011の琺瑯ダイヤル

私はセイコーのプレサージュが大好きです。

単純でシンプルで見ていて美しい。

美術品を手にしている満足感があります。

参照:SARD013を購入!グランドセイコー超え?プレサージュ青漆の危ないデザイン。

全てが全力だ。

SEIKO SARW011は琺瑯ダイヤルと青針が演出する大人のラグジュアリー。

SARW011の琺瑯ダイヤルと青針

美しい。

盤面のデザインも配置場所も完璧だと思う。全てが美しい。

琺瑯職人が作る琺瑯ダイヤル!

日本で唯一の琺瑯職人が作る琺瑯ダイヤル、これは美術品レベルです。

この琺瑯ダイヤルは何十年も色褪せません。


青針が盤面を引き締める!

オフホワイトの琺瑯が間延びしないように、青針が動き続けます。

実はこの青針、角度によっては黒に見えます。上手に光りを取り入れると鮮やかな青針が浮かび上がってきます。

黄金の角度で見ると本当に綺麗です。

SEIKO プレサージュ SARW011のケース幅は?ベルト幅は?

プレサージュSARW011のクロコベルト

SEIKO プレサージュ SARW011のケース幅は?

SARW011のケース幅は40.5mmです。

腕周りが約17cmの私が付けてたら丁度良いサイズ感です。

SEIKO SARW011のベルト幅は?バンド幅は?

SARW011のベルト幅は20mmです。

20mmは本嬉しいサイズです。社外のベルトがいっぱい販売されています。

いろんなカラーも素材もたくさんあって、ベルト交換の楽しさを十分に味わえる優れたサイズです。セイコーさんありがとう!

SEIKO プレサージュ SARW011をメタルバンドに交換してみた。

ステンレスベルトに交換したSARW011

汗をかきやすい暑い時期はこのメタルバンドが大活躍します!

SARW011に付けられるメタルバンドはM0PF111J0です。

SARW011はステンレスベルトに交換できます。

SARD013の記事にも書きましたが、型番はM0PF111J0というステンレスベルトです。

SARX001/SARX003/SARX005/SARX007/SARX019/SARW001/SARW003用のステンレスベルトです。

公式にはアナウンスされていませんが加工無しでポン付けできます。

同じプレサージュのSARD013にもポン付けできます。

参照:SARD013を購入!グランドセイコー超え?プレサージュ青漆の危ないデザイン。

SEIKO SARW011のメタルバンドが品薄です。

交換用のM0PF111J0、販売している場所が少ないです。

在庫も少ないようなので、在庫切れのお店もちらほら。

手に入れたい方は早めに確保しておいてください。

M0PF111J0のベルトの在庫を見てみる

ベルト自体の作りも良く、手首にも馴染みますよ。

おすすめのステンレスベルトです。

いろいろなベルトに交換してみてください。SARW011の良さが引き立ちます。

メタルバンドも良いですが、20mmというキングサイズのベルト幅を持ったSARW011ですので、

いろいろなベルトに交換して遊んでみてください。

純正のクロコベルトは、黒に近い濃紺のベルトなので私はもう少し明るいネイビーのクロコベルトを探し中です。

文字盤が白系なので、ブラウンのベルトも合うと思います。

飽きないっていうのも、その時計の魅力に一つです。

[ まとめ ] SEIKO プレサージュ SARW011はデザインが特に優秀。飽きないシンプルな美術品!

SEIKO プレサージュ ステンレスベルトに交換

SEIKOのプレサージュシリーズの中でもSARW011のデザインは、清潔感があって良いと思います。

パワーリザーブの配置場所や間延びしていないローマ数字の文字盤。

青針が樽状になっていてレトロ感も溢れている。

そして実用品としても抜かりがなく視認性も良く青針が美しい。

あと6時方向にある日付のスモールセコンドもオシャレに感じます。

私が大好きなデザインです。

 

意外に安価なSARW011。狙い目だと思います。
ポイント還元にも注目してみてください。
お買い得なお店もあります。
SEIKOプレサージュSARW011を探してみる







-SEIKO, 時計
-, ,

Copyright© キナコブログ , 2017 AllRights Reserved.