キナコブログ

シンプルだけど素材感や着心地を大事にした『大人の自分服』を探し続けるメンズファッションブログです。たまに時計やキャンプなども。

SEIKO 時計

SEIKOのツナ缶SBDN025は思った程でか圧ではなかった。

更新日:

SEIKO SBDN025の限定ダイバーズ画像

SEIKOファンなら一つは持っておきたい外胴プロテクター付きのツナ缶モデル。

私も隠れながらSEIKOファン。SEIKOと聞けばちょっと心が躍るくらい好きです。

参照:SEIKO SARW011はプレサージュの中でもシンプルで質が高い!
参照:SEIKO SBDX019を予約せずに購入してみた!前評判通り高評価だった。
参照:SARD013を購入!グランドセイコー超え?プレサージュ青漆の危ないデザイン。

今後もSEIKOの時計が増えるかもしれません。本当に好きなんです。

SBDN025はペプシカラーが愛くるしい。

赤と青のペプシカラーがたまらない。

私が今まで所持していたダイバーズウォッチのベゼルカラーにはないアグレッシブなカラーです。

嫌味がないんですよね、この赤と青のツートンカラー。

そして飽きが来ない。これも物凄い大事な要素。

LOWERCASE監修の異業種コラボが実現したSBDN025

ペプシカラーのダイバーズウォッチのSBDN025の画像

梶原由景が代表を務めるクリエイティブ・コンサルティングファーム「LOWERCASE」。

梶原氏は元ビームス・クリエイティブディレクターでした。

異業種間のコラボをデザインで橋渡ししている先駆者的な存在です。

SEIKOもその異業種間コラボの一つ。

LOWERCASEが手がけるセイコーのダイバーズウォッチのデザインは最高の出来栄えだと思います!


LOWERCASEコラボのSEIKO SBDN025のケース幅やラグ幅は?気になるスペックは?

SBDN025は限定のペプシカラーダイバーズウォッチ

SEIKO SBDN025のケース幅は?

ケース幅は45.9mmと大きいモデルです。腕周りが約17cmの私には少し大きく感じました。

厚さは12.1mmと薄めの厚さです。

でか圧が苦手な私もギリギリ使えるサイズ感だと思います。

SEIKO SBDN025のベルト幅は?ラグ幅は?

ベルト幅は22mmです。NATOベルトにも変えやすい22mm。

いろんなカラーがあるので好きなカラーに変更可能です。

シリコンベルトの装着感が良いです!

付けているのを忘れてしまうくらい自然な装着感。痛くなる事もなくナチュラルです。

シリコンベルトには欠点があります。

シリコンベルトの欠点はホコリの付着。これは避けられないのかもしれません。

SBDX019のシリコンベルトもホコリの付着が目立っていました。

ホコリが取りにくいのも難点です。

参照:SEIKO SBDX019を予約せずに購入してみた!前評判通り高評価だった。

SEIKO SBDN025のスペックは?

防水性は200mです。通常に使う分は全く問題ないスペックです。

風防はカーブハードレックスです。サファイヤガラスじゃないので、少し扱いに注意したいですね。

[ まとめ ] SEIKO SBDN025は勝って後悔しないオシャレダイバーズウォッチ!

SEIKO SBDN025 LOWERCASの画像

普段使いに丁度良いダイバーズウォッチだと思います。

いろいろなスタイルルにもバッチリ似合ってしまう不思議、これがSBDN025の魅力です。

もちろん女性の方でも似合うので、パートナーとシェアしても良いと思います。

私がオススメする理由として、思った大きくて分厚い感じがしなくて、腕周りが細めの私にも丁度良かったからです。

新品でも5万円以下で購入できますので、カラーで遊びたいですね!

ペプシカラーのSBDN025は特に人気です。
限定の商品ですので在庫がある内に購入する事をオススメしますね!

SEIKO SBDN025の在庫をみてみる







-SEIKO, 時計
-, ,

Copyright© キナコブログ , 2017 AllRights Reserved.