キナコブログ

キナコブログはシンプルだけど素材感や着心地を大事にした『大人の自分服』を探し続けるメンズファッションブログです。時計やキャンプも大好きです。

DESCENTE アウター

水沢ダウンの弟?オルテラインのインナーダウンが高機能で最高にシンプル!

投稿日:

DESCENTE HSC DOWNのコーディネート

DESCENTE ALLTERRAIN(オルテライン)のダウンベスト

勝手に水沢ダウンの弟分だと思っている。

水沢ダウンのマウンテニアとアンカーが

私の身体に合っていて満足度が高かったので

その弟分のHCSダウンも手に入れてみた。

 

(HCSダウンの商品一覧や詳細はこちらから)

弟分のHCSダウンの良いところ

ミニマルでシンプルな表情がイイ!

オルテライン インナーダウンのコーデ

かっこよくないですか?

無駄な物を一切省いた潔いデザイン。

ミニマリストにもってこいのダウンベストだと思います。


ヒートナビの温かさ

デサント オルテライン ヒートナビ

水沢ダウンにも採用されているヒートナビ

「光を、熱に。」+5℃ らしいです。

 

そもそも

インナーダウンとしてアウターの中に着てしまうと

光源が届かないので、どうなんだろうか。

とか考えてしまいますが

あまり深く掘り下げない事にします。

プルオーバータイプなので脱ぎ着には注意が必要です。

脱ぎ着しやすいようにサイドジップがあります

オルテライン インナーダウン HSC DOWNのサイドジップ

両サイドのZIPは脇下まで開けられます

DESCENTE オルテライン インナーダウン HSC DOWNのファスナー

まず大前提として

ジッパーを開けないと着られません。

比較的大きめのジッパーなので

内側の生地を噛まないのでジッパーは

スムーズに動いてくれます。

生命線のジッパーにもコダワリが感じられます。

着ていてもジッパーの開閉は意外に楽ちん。

DESCENTE オルテライン HSC DOWNの着心地

DESCENTE インナーダウンの機能性

両サイドともジッパーは簡単に開けられます。

私は片手で脇下まで開けられました。

身体は柔らかくない私でも問題なく開けられるので

だいたいの人は大丈夫かと思われます。

難所は肩のスナップボタンです

DESCENTE オルテライン インナーダウンの肩のボタン

ここのボタンですが

着た状態からだと非常に留めにくいです。

体格に個人差もありますが

ここのボタンを押して留める際

鎖骨に当たって痛いです。

 

ここのボタンを開けないと脱げないし

そもそも着られません。

また

この部分、少し頼りない気がします。

一番使う場所だと思うので扱いには注意が必要です。

 

余談ですが

左手でお子さんを抱っこするパパは注意が必要です。

必ずと言っていいほどこのボタンで遊ばれます。

遊ぶというか掴まれます

掴んでいる事に気付かずに抱っこから降ろすと

バチンとボタンが外れてしまい、最悪裂けてしまう恐れがあります。

世間のママさんがピアスを付けられないと一緒で

結構ヒヤヒヤしますので、注意が必要です。

以上、余談でした。


オルテライン HCSインナーダウンのサイズ感は?着こなし方は?

オルテライン HCSインナーダウンのサイズ感は?着こなし方は?

デサント オルテライン インナーダウンの着こなし方

着用サイズはMサイズ。

175cm 63kgの私が着てジャストなサイズ感

ダウンベストの下はシャツくらいの厚さが丁度良いです。

これ以上厚くなると脇がキツくなってしまいます。

 

ワンサイズ上げて余裕をもって着ても良いかもしれませんが

私はインナーダウンとしても着たかったので

このサイズ感で良かったです。

オルテライン HCSインナーダウンの着こなし方は?

DESCENTE インナーダウンのサイズ感

シンプルな着こなしで映える最適なダウンベストです。

白シャツにグレーのパンツですが

存在感も出せてコダワリが伝わるスタイルだと思います。

ミニマルなデザインが好きな方は

きっとお役に立つアイテムでしょう。

[ まとめ ] 期待を裏切らないオルテラインの入門ダウン

DESCENTE HSC DOWNのサイズタグ

水沢ダウンの弟分のHSCダウンベストは

オルテラインの血脈が流れていて

期待を裏切りません。

また価格が低い設定なので取り入れやすいです。

 

ユニクロのインナーダウンやモンベルのインナーダウンも好評ですが

デサント オルテラインのHSCインナーダウンには

他にはない圧倒的なデザインが備わっていて

着る人を魅了します。

もちろんメインアウターにしてもその存在感は素晴らしく

兄貴分の水沢ダウンにも引けを取りません。

 

水沢ダウンよりも

着られる季節が長く着るバリエーションも多く

洗練されたデザインなので

きっとコーディネートの中心的な存在になるでしょう!

その品質は疑ってはいけません。

SALE対象に!オルテライン インナーダウンの在庫はこちらから!

 

 

こんな記事やトピックスも読まれています

こちらの記事もよく読まれています



-DESCENTE, アウター
-,

Copyright© キナコブログ , 2018 All Rights Reserved.