キナコブログ

キナコブログはシンプルだけど素材感や着心地を大事にした『大人の自分服』を探し続けるメンズファッションブログです。時計やキャンプも大好きです。

アウター 水沢ダウン

水沢ダウン アンカーのサイズ感はアームホールと横からのみたシルエットで決めたほうが良い。

投稿日:

水沢ダウン アンカーのブランドロゴマーク

ビームスプラス別注の水沢ダウンを購入して

すっかり水沢ダウンのファンになった。

(BEAMS+別注品の記事はこちら

 

単純な私。

水沢ダウンの買い増しという選択をする。

以前に検討していた

水沢ダウンのアンカーが欲しくなってしまい

セール品になっていたアンカーを購入しました。

 

水沢ダウンのセール品の在庫はこちらで見れます。

水沢ダウンの中でも定番の「アンカー」が愛され続けている理由。

誰もが似合うスタンダードなデザインで飽きない。

 水沢ダウン アンカーのコーデ

アンカーの特徴というか醍醐味は

至ってシンプルだと言うことだと思う。

そして、飽きない。

オーソドックスにして定番のデザイン。

誰もが愛せ、誰もが似合ってしまう。

何も考えなくても

ダウンが自分を着飾ってくれます。

いわゆる

「ダウンジャケットの完成型」

ではないでしょうか。

おそらく

似合わない人いないと思います。

フードは取り外し可能ですが

ずっと付けていた方がカッコイイでしょう。


横からのシルエットが実は一番かっこいい。

オルテライン 水沢ダウン アンカーの横からみた着こなし

実はアンカー

横からのシルエットが逸材!素晴らしい出来栄えです。

 

程よいアームホールの細さと

横から見たフードの形

そして流れるような前身のライン。

この横からみたシルエットは

水沢ダウンの中で

アンカーが一番カッコイイと思います。

ストレッチ素材で動きやすい!

水沢ダウン アンカーのサイズ感

水沢ダウンといえば、この動きやすいストレッチ素材。

ダウンジャケットで伸縮性がある生地なのは

やはり快適です。

重くて動きにくくなりがちなアウターは

ストレッチ性の生地が一番良いでしょう。

そして軽いとなお嬉しい。

ダブルファスナーが必須なわけ。

 水沢ダウン アンカーのダブルジップ

ダブルファスナーは

アウターに必須の仕様だと考えています。

ダブルファスナーのおかげで

腰回りはスッキリ見せられますし

ダブついてしまうと

裾が徐々に上がっていき

その都度裾を下ろす格好となる。

それを繰り返すと裾が伸びてしまいます。

また

ファスナーの端のテープ部分に負荷がかかってしまい

テープが破れてしまい

最悪ファスナーを交換しないと駄目になる。

極力

服を長持ちさせるためには

腰回りの余裕とファスナーの丈夫さが鍵となります。

 

選べるなら

ダブルファスナーのアウターが望ましいですね。

水沢ダウン アンカーのサイズ感と着こなし方は?

水沢ダウン アンカーのサイズ感は?

デサント 水沢ダウン アンカーのサイズ感

着用サイズはMサイズ。

175cm 63kgの私が着でジャストサイズです。

ダウンの中に分厚い服は着られないサイズ感です。

着る必要がないので

あえてジャストサイズを選びました。

 

アームホールがタイトめな作りなので

スウェットを着ると

腕がキツいです。

 

このタイトなアームホールのお陰で

横からのシルエットが素晴らしい出来上がりになっています。

水沢ダウンは全般的に

アームホールは細めに作られていますので

ここは注意が必要です。


水沢ダウン アンカーの着こなし方は?

オルテライン 水沢ダウン アンカーの着こなし方

着こなし例

 

Shirts:YAECA(ヤエカ)

参考:カラバリも豊富。マイサイズがある内に確保推奨!在庫一覧へ。

 

Pants:THE NORTH FACE(ノースフェイス)

参考:アルパインライトパンツが人気沸騰中!!詳しいレビューはこちら。

 

Shoes:adidas(アディダス)

参考:アディダス スーパースターが今アツい!セール品一覧へ。

 

私の大好きな

ノースフェイス アルパインライトパンツに

合わせています。

パンツもストレッチ素材なので

全体的に動きやすい組み合わせ。

アウトドア&スポーツブランドを

よりシンプルに合わせることで

誰でも似合う着こなし方だと思います。

それに清潔感もあって飽きません。

いつでも誰でも簡単にできる

お手軽な着こなしです。

[ まとめ ] 冬の必須アテム!水沢ダウンが冬の印象を180度変えてくれます。

デサント オルテライン 水沢ダウン アンカーのタグ

水沢ダウンさえ買ってしまえば

冬のお出かけが今まで以上に楽しくなります。

動きやすくて、そこまで重くないので

全く肩が凝らない。

マットなブラックカラーは

どんなパンツにでも合わせられます。

 

水沢ダウンは気分を変えてくれます。

今まで思った事がないような事を思ってしまいます。

「もう少し寒くなってほしいな~」と。

 

深夜の気温がマイナス8℃になった時

無駄に外に出てみて

水沢ダウンの性能を堪能している自分がいました。

案の定、顔だけが寒くて痛かったです。

水沢ダウンの在庫が少なってきています。在庫がある内に!在庫一覧へ

 

 

こんな記事やトピックスも読まれています

こちらの記事もよく読まれています



-アウター, , 水沢ダウン
-,

Copyright© キナコブログ , 2018 All Rights Reserved.