キナコブログ

キナコブログはシンプルだけど素材感や着心地を大事にした『大人の自分服』を探し続けるメンズファッションブログです。時計やキャンプも大好きです。

orSlow アウター インディゴに包まれたい

orSlow(オアスロウ)の50's デニム カバーオールが何だか凄い。

更新日:

オアスロウ デニム カバーオール

インディゴに包まれたい

不定期にそういう気分になってしまいます。そんな時大活躍するのがオアスロウのデニムカバーオール。

(日本の心が美しい。藍染されたジャケットはこちら

orSlowのカバーオールが今時のシルエットになっている!!

スッキリしたアームホールで今の旬です。

オアスロウ デニム カバーオールのサイズ感

以前のワークブランドのカバーオールはこんなにスリムに作られていなかったと思います。

お世辞にも日本人に合うサイジングじゃありませんでした。

そのサイズ感が好きになれず私は購入をずっと控えていました。


日本人の体に合ったジャストサイズのカバーオール!

orSlow デニム カバーオールの着こなし方

さすが日本のワークブランド、オアスロウ。今欲しいシルエットになっています。

今までのカバーオールは身幅を合わせると袖が短くなってしまったりしていてチグハグなサイジングでしたが、オアスロウのカバーオールはサイズ感が一変しています!

絶妙に調整されたサイジングになっています。

攻め過ぎないシルエットでスッキリしてラフにも着られるカバーオール。

まさに万能アイテムです。

デニム生地なので扱いも楽ちん。

デニム地なので少しくらい汚れたって問題ないですよね。

むしろ少し汚れやシミが付いている方が箔が付いてカッコイイかもしれません。

わざとペンキ加工されたモデルもあるくらいなので汚れを気にせず着られる手軽さがデニムの良いところでしょう。

もちろん色落ちも期待できる!

デニムと言えばなんと言っても色落ちでしょう。

オアスロウのカバーオールのデニム生地はネップが含まれていて独特の色落ちが期待できます。

体にフィットするシルエットなので今まで以上に色落ちが期待できると考えられます。

製造背景にも注目。

オアスロウのカバーオールは50年代の整備士が着ていたカバーオールを復刻したモデル。

ワークテイスト感もたっぷり含んでいます。

当時のデザインはそのままで今の日本人にあったシルエットにリサイズした究極のカバーオールだと思います。

orSlow 50'sカバーオールのサイズ感と着こなし方は?

オアスロウ カバーオールのサイズ感は?

着用サイズは2です。175cm 63kgの私がインナーにデニムシャツを着てジャストフィットです。

窮屈感もなくダボつき感もなく非常に着やすいサイジングです。


オアスロウ カバーオールの着こなし方は?

orSlow デニム カバーオールのコーディネート

[ インディゴに包まれたい ] 第1弾

不定期にやってくる

[ インディゴに包まれたい ] 時期。急に寒くなると何故だかインディゴが恋しくなります。

基本的に濃い目のインディゴですが少しずつ色をずらしてグラデーション化してます。

それぞれが他のコーディネートで活躍し少しずつ色落ちしていきます。

何ヶ月後かに同じコーディネートでインディゴ同窓会をするとまた違ったグラデーションになっていて新鮮な気持ちになります。

 

デニムって本当に興味深い。インディゴの色落ちは飽きないです。

[ まとめ ] サイズ感が抜群!デニムカバーオールの新しい提案。

何と言ってもサイズ感が抜群に良いです。アームホールや身幅、着丈も抜群に良いです!

今までの野暮ったさは何だったのか。今の旬のカバーオールはオアスロウで決まりです。

ワークなイメージから少しだけナチュラル派へ移行したデニムカバーオール。新しいです!

またしっかりとした生地で色落ちも期待できる点も素晴らしい。

デニム好きなのに
オアスロウのデニムを知らないと損します。
今後のコーディネートの幅がぐっと広がします。

オアスロウのデニム製品一覧です

 

こんな記事やトピックスも読まれています

こちらの記事もよく読まれています



-orSlow, アウター, インディゴに包まれたい,
-, , ,

Copyright© キナコブログ , 2018 All Rights Reserved.