キナコブログ

キナコブログはシンプルだけど素材感や着心地を大事にした『大人の自分服』を探し続けるメンズファッションブログです。時計やキャンプも大好きです。

SEIKO 時計

セイコー シャリオ 復刻モデル [SCXP061]を愛用中!気分はスティーブ・ジョブズ?

更新日:

nano-universe別注のSEIKO シャリオ 復刻モデル SCXP061

スティーブ・ジョブズ氏が愛用していた時計がセイコーシャリオ。

その復刻モデルがナノユニバースの別注という形で発売されたのが今年の春でした。

限定品ではありましたが予約もせずに楽天で購入できました。

ホワイト文字盤のSCXP041とブラック文字盤のSCXP061が販売されていたのですが私は迷わずSCXP061の黒文字盤を選択。

理由は限定300本だったからです。

恥ずかしながら限定品や別注品という言葉にめっぽう弱い私です。

ホワイト文字盤のSCXP041が1982本限定なのに対してブラック文字盤のSCXP061が300本と流通量が遥かに少ない。

幼稚ながらより希少な方に気持ちが傾いたわけです。

単純な性格な私、自分でも呆れてしまいます。

 

(セイコーシャリオのオリジナルはこちら

スティーブ・ジョブズが使っていたモデルは?

スティーブ・ジョブズ氏が付けていた時計モデルは1983年頃に発売されていたSEIKOオリジナル シャリオで型番はCZK058です。

ナノユニバース別注 SEIKO SCXP061はシンプルで使いやすいぞ!

ナノユニバース別注のSEIKO シャリオ 復刻モデル SCXP061

至ってシンプルな文字盤。ミニマルなデザインなので好きな方も多いのではないでしょうか。

オールブラックデザインですので、白文字盤よりラグジュアリー感があるミリタリーな雰囲気を感じませんか?

控えめなミリタリー感がたまらなくカッコイイです!私はこういうデザイン大好きなんです!


薄くて袖の邪魔になりません。

SEIKO シャリオ 復刻モデル SCXP061の厚さ

厚さはわずか6.6mm。非常に薄いです。

ジャケットやシャツの袖の邪魔になりません。煩わしさがないっていうのも一つのデザインだと思います。

残念ながら、革が鳴る。

ナノユニバース別注のセイコー シャリオ の厚さ

レザーベルトを取り付けている部分と擦れて「キュッキュッ」と音がなってしまいます。保湿してあげれば解決すると思います。

そもそも、元々付いているレザーベルトが特に質の良いモノじゃないので他のレザーベルトに交換した方が良さそうです。

チープカシオ MQ-24とSEIKO SCXP061を比較してみた。

NU別注 セイコー シャリオ 復刻モデルとCASIO チプカシ

セイコー シャリオ 復刻モデルとチプカシ

セイコー シャリオ 復刻モデルとチープカシオの比較

ケース幅や厚さが丁度同じようなサイズ感だったので横に並べて比較してみました。

ドシンプルなチプカシMQ-24と比べるとSCXP061はやはり存在感がありデザインが非常に良く見えます。

チープカシオがよりチープに見えて仕方がありません。

シンプルでミニマルなデザインが、いかに難しいかがわかります。

ナノユニバース別注 セイコー シャリオ SCXP061のサイズ感は?

SEIKO シャリオ 復刻モデル SCXP061のサイズ感

私の腕周りは約17.5cmです。

SCXP061のケース幅は約37.5mmですが思ったよりも大きく見えませんか?

文字盤とケースが同じブラックで統一されているので余計に大きく見えてしまうのでしょう。

実際に付けてみると薄さの助けもあって見た目よりもずっと小さく感じます。この小ささが可愛く思えて愛らしい。



[ まとめ ] プレミア価格でも手に入れてみても良いかもしれません!

特にスペックが素晴らしいという事はないですが非常に取り回しのきく時計なのは想像がつくと思います。

薄い時計って本当に素晴らしいです。

半袖の季節は良いですが長袖の季節になると厚い時計だと手首周りがだぶつきます。

そうなってしまうと、時計をみるためにアウターなどの袖をめくらないといけません。ちょっと面倒くさいです。

そういう事もあってSCXP061は長袖の季節に大活躍します。

ということはビジネスシーンでも大活躍いたします。カッターシャツの隙間にすっと収まってくれるでしょう。

誰にも理解されず誰にも気づかれないけど、さりげないコダワリは本当に気分を上げてくれます。

自分だけのコダワリ。

少しプレミア価格ではありますが手に入れても後悔しない時計だと思います。

中古なら定価以下の可能性も!SCXP061の在庫一覧へ。

 

 

こんな記事やトピックスも読まれています

こちらの記事もよく読まれています



-SEIKO, 時計
-, ,

Copyright© キナコブログ , 2018 All Rights Reserved.