キナコブログ

キナコブログはシンプルだけど素材感や着心地を大事にした『大人の自分服』を探し続けるメンズファッションブログです。時計やキャンプも大好きです。

SEIKO 時計

SEIKO SBDX019を予約せずに購入してみた!前評判通り高評価だった。

更新日:

シリコンベルトを装着したSBDX019

ずっとROLEXのサブマリーナが欲しくて、コツコツ貯金していました。

約4年間の貯金で約40万円になったくらいです。

その貯金でSEIKO SBDX019を購入しました!

SBDX019のおかげでサブマリーナ欲を消す事に成功。

私SBDX019には私の理想とするケースの大きさやデザイン、ベゼルの細さなど全てが備わっていました。

1stダイバー復刻のSEIKO プロスペックス ダイバー SBDX019は予約は全部完売。

SBDX019の予約が取れませんでした。

12店舗くらい電話やメールで「予約できませんか?」と問い合わせてみたのですが、見事に全てのお店で入荷予定数は既に予約済み。

一応、ダメ元でキャンセル待ちを2件入れてみました。このやりとりが4月の後半くらい。

完全に気付くのが遅かった。

なんと、SBDX019を発売日当日に楽天でGETできました!!

キャンセル待ちをしていた2件は連絡がなく、諦めかけていました!

楽天で、ぼーっと「SBDX019」で検索していたら、新着順の後ろの方でこっそりと販売しているお店を発見。

急いで購入手続きを済ませ、無事に購入できました。

検索癖が功を奏した結果となって、本当に良かったです。支払いも済ませ後は到着を待つばかり。


SBDX019が届いたので開封から細かい部分にまでスポットを当ててみたいと思います。

SBDX019の化粧箱

特に特別感はない化粧箱、当たり前と言えば当たり前なのですが。

SBDX019のハードケース

ハードケースも特に特別感はなし。

SBDX019のタグ3種

タグ類一式。

全て取り出してみました。

 

開封時のSBDX019

渋いぞ!カッコイイぞ!

手に取った瞬間、意外とずっしりしていて逞しく感じました。

SBDX019の付属のステンレスベルト

付属のステンレスベルトです。存在感もあって頼れそう!

1stダイバー復刻SBDX019のシリコンベルトへの気合が凄まじい!

SBDX019のシリコンベルトの模様

非常に滑らかでコダワリを感じるシリコンベルト。

ほこりが付きやすいSBDX019のシリコンベルト

ピラミッドデザインや細かい部分まで作り込まれています。

ただ、ホコリや繊維が目立ちやすいのが難点。仕方ない部分でしょうか。

バネ棒を通す部分も補強されています!

SBDX019のシリコンベルトのバネ棒を通す穴

バネ棒を通す部分は金属で補強?されています。バネ棒の脱着がスムーズでベルトの変形も抑えてくれます。

またベルト自体の動きが非常にスムーズでストレスがかかりません。これはナイスアイディアだと思う。

裏側も一切手抜きなし!

SBDX019のシリコンベルトの裏側

裏側のギンガムチェック柄です。ユーザーを飽きさせないSEIKOの思いが伝わります。

SEIKO SBDX019を手にした人ならわかると思いますが、「リン、リン♪」となります。

これは手にしてみないとわからないかもしれません。

初めて聞いた時は「何の音?」と戸惑いました。

今まで高級時計のシリコンベルトを手にした事がなかったので、個人的にちょっと感動しました。

リンリン音の原因はベルトループと尾錠が当たる音だった。

SBDX019のベルトループと尾錠が当たる画像

リンリンっという表現が正しいのかは不明ですが、私は「嫌な音」と思わなかったです。

音質にも好き嫌いありますので、一概には言えませんが、高級な音だと感じました。

SEIKO SBDX019のベルトループ(遊環)が金属製!

 

 

SBDX019のシリコンベルトのステンレスループ

ベルトループがベルト本体と同じシリコン素材ではありません。こういう細かい作り込みにテンションが上がってしまいました。

またマットなブラックでカッコイイです。


SEIKO 1stダイバー復刻 SBDX019はシリコンベルトがメインベルトだと思う!

シリコンベルトを付けたSBDX019

SBDX019のメインベルトはシリコンベルトだと思います。

ステンレスベルトは替えベルト、という位置づけでしょうか。

実はSBDX019のステンレスベルトも高機能だった。

SBDX019のステンレスベルトの横側

ダイバーエクステンダーという機能が付いています。

取扱説明書によると、ウェットスーツの上からでも脱着しやすくなるらしいです。

私はダイビングをしないので、その機能の良し悪しの判断ができないですが。

SBDX019のアジャスターの使い方

ツマミを下ろして、引っかかっている部分を取り外せば、

SBDX019のアジャスター

こんなにも幅広くなります。分厚いウェットスーツの上からでも脱着できるのが想像できますね!

ファーストダイバー SBDX019のステンレスベルトはCリングです。

SBDX019のステンレスベルトのCリング

個人的な感想ですが、Cリング式よりネジ式の方が私はよかったです。

メインベルトじゃないので、これで少し価格調整した感じでしょうか。

Cリング式も慣れると簡単ですが、ネジ式よりは少し面倒になりますよね。これは残念ポイント。

SBDX019のバネ棒は太い!

SBDX019の太いバネ棒

太いバネ棒を採用しています。バネ棒自体は簡単に脱着できます。

ただ太いので、市販のレザーベルトに入りません。レザーベルトの穴を広げる必要があります。

個人的な感想では、SEIKO SBDX019のステンレスベルトの方が好みでした。

ステンレスベルトのSBDX019

ステンレスベルトをつけた時「少し堅いな」と思ったのですが、それは思い過ごしでした。

手首にジャストフィットし過ぎていたので少し手首がびっくりしたんだと思います。

私の腕周りが約17cmなのでコマを4つ外しました。

ガチっと手首がホールド。これが意外と心地良い。今までにない心地良さです。


なんとダイバーエクステンダーがジャストフィットを実現していた!

SBDX019のステンレスベルトの装着感

私はダイビングをしないので少し否定的な意見を書きましたが、謝ります。誤りです。ごめんなさい。

実はダイバーエクステンダーを閉じている時、この部分だけ少しテンションが緩くなってしまうみたいです。

その少しの遊びが、手首の一番カーブがかかる部分を軽くホールドしてくれていて私の手首にフィットしてくれていました。

ダイバーエクステンダー機能はダイビングをしない人にも有効的でした!

ファースト復刻ダイバー SBDX019のベルト幅(ラグ幅)は?細い腕にも似合うのか?

腕周りが細くてもかっこいいSBDX019

私の腕周りは約17cmで細めです。細めの私でも違和感がなく堂々とダイバーズウォッチを楽しめるサイズ感です!

SBDX019のベルト幅は?

SBDX019のベルト幅は19mmです。

この19mmがクセモノで、市販されているベルトが非常に少ないです。

20mmだったら一番良かったのにな、と個人的に思います。

SBDX019の夜光はどのくらい光るのか?

夜光ルミブライトが光るSBDX019

LEDライトに当てて真っ暗な部屋で撮影した画像です。

手持ちで撮影しました。その結果ブレブレですが雰囲気は伝わるかと思います。

カンカン照りの後にすぐ暗い場所に移動すると、このくらい光ります。

SEIKO SBDX019のベルトを交換してみました。

20mmのコードバンレザーベルトに交換。

レザーベルトに交換したSBDX019

20mmのベルトですが、もともとバネ棒の穴が大きい作りだったためSBDX019のバネ棒が見事に入りました。

1mmだけ大きい分、少しだけキツい感じですが、全く問題ない範囲です。

コードバンレザーベルトに交換したSBDX019

SBDX019にはコードバンのようなスムースレザーが似合うと思います。

クロコは似合わないかもしれませんね。

コードバンとの組み合わせは、なかなかオシャレに決まっていてカッコイイです。気分を変えるには丁度良い選択でしょう。

NATO系のベルトにも交換してみました。

黒のNATOベルトに交換したSBDX019

これは20mm幅のベルトです。

文字盤が真っ黒ではなくグレーがかっているので、黒いNATOベルトに交換してもスッキリして締りがあります。

なかなか良いかんじではないでしょうか。ただ1mm分少しキツめです。

ネイビー色のNATOベルトに交換したSBDX019

こちらは18mm幅のベルトです。

ネイビー系のNATOベルトが意外とカッコイイ。むしろ一番カッコイイかもしれない。ヌケ感があって良い感じです!

これもグレーがかった文字盤の恩恵だと思います。

1mm分余裕があるので全体的に引き締まり、ネイビー系のスタイルを好む人にオススメです!

[ まとめ ] 入手必須!!SBDX019は細い腕の人にも似合う本格ダイバーズウォッチです。

手に持ったSBDX019

SEIKOプロスペックスダイバーSBDX019。

ヒストリカルコレクション、国産ファーストダイバーズウオッチの復刻モデル。

本当に良い買い物をしたと思っています。

40mm以下というケースの大きさ、文字盤のデザイン、ベゼルの細さ、自分の手首にフィットする安定感、そして安心の国内製。

私が求めてきた要素が全て揃った1本です。

 

日本以外の国にもSEIKO愛用者が多数いますので、世界で2000本限定というのは非常に少ないと思います。

中古市場でも定価以上で売買されている状況。人気で注目が高いのが伺えます。

購入できた私は少し鼻が高いです。

 

こうしてブログを書いている時に、2件キャンセル待ちをしていた内の1件の時計屋さんから「キャンセルが出ました!」とメールがきました。

保管用にと迷いましたが、金銭的に厳しいので丁重にお断りしました。

 

SBDX019を発売日の当日に奇跡的に買えた楽天のリンクです。

私と同じように、

キャンセル待ちを複数店で

おこなっている人が必ずいると思います。
そして購入を見送る人も絶対にいるはずです!

こまめにチェックしないと買えません。

見つけたら早い者勝ちです!
セール中!最新のSBDX019の在庫一覧はこちらから確認ができます


欲しい人の元へSBDX019が無事に納品されますように。

 

こんな記事も読まれています







-SEIKO, 時計
-, ,

Copyright© キナコブログ , 2017 All Rights Reserved.